放射線治療で根治できる癌|手術できない部分を治療

病院

アジア人に多い悪性腫瘍

医者

特徴と予防法

欧米人よりもアジア人が発症しやすいがんとして、胆管がんがあります。予後不良になる確率が高く、がんによる死亡者数の第6位に位置しています。男女間での発症数の差はあまり見られませんが、やや男性に多く発症する傾向にあります。他のがんと同様に中高年に多く発症すると言われています。胆管がんが発生する原因は明確にはされていません。しかし次のようなことが原因である可能性が高いと言われています。膵胆管合流異常症、胆石、胆のう炎、胆管炎、生活習慣などです。胆管がんを予防するためには、運動、食事、生活リズムなどを見直すことが大切です。高カロリーな食事、矢鞘果物の摂取不足、肥満などは胆管がんのリスクファクターとなります。

胆管の特徴と分類

胆管がんは、肝臓と十二指腸の間にある胆管部分に発生する悪性腫瘍のことを指します。胆管は肝臓で作られた胆汁が十二指腸へと送られるために存在している管です。胆管の途中には胆のうがあり、一時的に胆汁を溜めておくことができます。胆管がんの原因のひとつとされている膵胆管合流異常症は、胆管と膵管がくっついてしまい、膵液が逆流しやすくなっている状態のことをです。胆管がんや胆のうがんを発症する可能性が非常に高いと言われています。胆管がんは胆道がんの一種です。他には、胆のうがんと乳頭部がんがあります。そして、肝臓内に発生した場合には肝内胆管がん、肝臓の外で発生した場合には肝外胆管がんと言います。また、腫瘍の種類によって、浸潤性発育、胆管内発育、腫瘤性発育などに分類されます。