放射線治療で根治できる癌~手術できない部分を治療~

女性

アジア人に多い悪性腫瘍

医者

胆管がんは欧米人よりもアジア人に多く発症する疾患です。胆管がんが発生する原因は明確にはなっていませんが、予防のためには生活習慣の改善が必要だと言われています。胆管は肝臓で作られた胆汁が十二指腸へ送られるために存在しています。

Read

婦人科系のがん

内観

卵巣がんは婦人科系のがんの中で2番目に多いと言われています。日本を含め、世界中で患者数が増加しています。動物性脂質を多く摂取することが原因とされているため、肉類や乳製品の使用を控えたヘルシーな食事をとることで、予防することができます。

Read

臓器を残すための治療法

病院

進化している新しい治療法

癌の治療には手術で幹部を摘出する方法と抗がん剤による化学療法、そして放射線治療があります。放射線治療は手術で切除できない部位の癌を治療する時に行われます。また臓器やその機能を残したい時にも利用されます。放射線治療は癌に放射線を当てて癌細胞を破壊して、消滅させたり小さくさせたりすることができます。また骨転移による痛みや、脳転移による神経症状を和らげたりする効果があります。癌の種類によって効果が異なり、副作用の出方も違ってきます。最近では免疫療法との併用によって副作用を抑えることができるようになっています。放射線にはX線やγ線や電子線などがありますが、最近では陽子線や重粒子線による新しい治療法が開発され、一部では行われ始めています。

治療中に注意すること

放射線治療には身体の外から放射線を当てる外部照射と、身体の内側から癌とその周辺に放射する内部照射があります。この療法を組み合わせて治療することもあります。内部照射の場合は密封された放射線同位元素を身体の中にいれる方法と、カプセルなどに入れて服用する方法があります。実際に放射線治療を受ける場合は、CTやX線シミュレーターやコンピューターによって癌の位置を確認し、どの方向からどのくらいの量を照射するかを検討して治療計画を立てます。そして皮膚の表面に印をつけるマーキング作業を行い、それを目がけて照射することになります。放射線治療を受けている間は食事を充分にとり、休養をとることが必要です。放射線を当てた皮膚は刺激に弱くなるので、直射日光を避け、化粧などは控える必要があります。